専門業者のサポート|物件探しするなら不動産業者を慎重に選ぶ|住みたいと思える家探し

物件探しするなら不動産業者を慎重に選ぶ|住みたいと思える家探し

専門業者のサポート

一軒家

短期間で進めるために

任意売却とは、住宅ローンを組んで購入した住宅を売却して、その住宅ローンを返済することです。購入した住宅を失うことになりますが、住宅ローンでは返済を滞らせた場合には、遅延損害金が発生します。つまり、債権者に支払うお金が一層増えるということです。すると債務が膨れ上がっていくことになるので、それを防ぐために多くの人が、任意売却で早めに住宅を手放しているのです。任意売却は、専門業者に相談しながらおこなうことが一般的となっています。専門業者は、任意売却に必要となる知識やノウハウを有しています。そのため相談することで、債権者との話し合いや住宅の売却手続きなどを、個人でおこなうよりも短期間で進めることが可能となるのです。

早めの行動が大事

住宅ローンの返済が滞った場合、最初の1〜3ヶ月は債権者から督促状が届いたり、督促の電話がかかってきたりします。督促されても返済できなかった場合には、4〜6ヶ月目に最終通告がおこなわれます。指定日までに、滞納した分を遅延損害金とあわせて支払わなければ、住宅を競売で処分するという通告です。任意売却には、住宅の買い手を探すためのある程度の期間が必要となります。したがって最終通告がおこなわれてから行動を開始したのでは、間に合わないこともあります。そのため専門業者への相談は、早めにおこなっておくことが肝心とされています。相談が早いほど、高確率で競売を回避することができるようになるのです。仮に競売が決まっても、専門業者が債権者に掛け合えば、競売を取り下げてもらうことも可能となっています。